建設業労働災害防止協会宮城県支部/労働災害絶滅に向けて。建設作業の資格取得支援。

What's New

2020/9/15 【 成り済ましメールにご注意を!】 9月に入り、建災防青森県支部をかたる成り済ましメールが、青森県内の建設業者に送られていることが分かりました。添付ファイルに、コンピューターウイルスが仕込まれており、感染すると個人情報等が盗まれる恐れがあります。今後、当県にも波及する恐れがあり、不審なメールが送られましたら添付ファイルやURLは絶対に開かず、メールごと削除して下さい。(また、当支部へ御一報下さい。)
2020/2/12 ≪お知らせ≫令和2年4月1日より建災防本部の図書・用品等の注文締切り時間が変更となります。
≪2019/3/25≫ 省令改正により、高所作業車の運転でも、原則としてフルハーネス型安全帯の使用が義務付けられました。当支部実施の「高所作業車運転技能講習」では、フルハーネス型安全帯の正しい使用法について、実技を含め、ワンポイントレッスン(法定の特別教育ではありません)を行います。

建設業セーフワーク推進大会を開催!

7月17日、TKPガーデンシティ仙台にて、建設業セーフワーク推進大会を開催しました。当日は、新型コロナウイルス感染症対策のため、会場での参加は限定させていただき、インターネットによるライブ配信を行いました。

毛利労働局長の御挨拶、建災防宮城県支部長表彰、宮城労働局担当官による「セーフワーク向上宣言」の取組に係る説明、事例発表及び大会宣言の採択が行われました。

*当日のライブ配信は、10月末までYouTubeでご覧いただけます。
 アドレスは、 https://youtu.be/cxrqEaNa9Gc

セーフワーク向上宣言

セーフワーク
No.項目ダウンロード
Safe woke向上宣言登録企業名簿PDF
「セーフワーク向上宣言」実施要綱PDF
企業掲示用・現場作業所掲示用・自己診断シートエクセル
セーフワーク向上宣言登録シートワード
セーフワーク旗ワード
取組の進め方
(問合せ・登録シート提出先、フローチャート)
PDF
建災防頒布品PDFワード
建災防 参考資料PDF
セーフワーク宣言(よくある質問)PDF

⇒ 参照:宮城労働局 ホームページ 新着情報

技能講習・教育等受講予定の皆様へ

新型コロナウイルス感染症対策として、厚生労働省の通知等を踏まえ、当面、受講者の皆様には、下記の対応をお願い致します。

  1. 1.発熱等風邪の症状、及び感染者と濃厚接触者した可能性がある方は受講をご遠慮ください。
    (その旨事務局にお申し出ください。次回受講可能な講習に振替させていただきます。)
  2. 2.講習中はマスクの着用をお願いします。
  3. 3.石鹸やアルコール消毒液による手洗いの励行をお願いします。
  4. 4.換気を頻繁に行う必要があるため、研修室内の温度の多少の寒暖については、ご容赦ください。
    (夏場は水分補給等徹底願います。)

建災防宮城県支部では、当面の間、講習・教育は、会場定員の50%以下の受講生数で実施し、講習生間の間隔を開けて対応します。

このため、1回の定員を少なくする必要があり、定員に達することが早くなる可能性があります。

状況に応じて追加講習を企画することもありますが、早めのお申込を御検討ください。

また、一部講習で対面による会話を避ける必要から、グループ討議を行わない等の講習カリキュラム・方法を変更します。

皆様にはご迷惑をおかけしますが、御理解のほどよろしくお願いします。

【参考】

全国建設業労働災害防止大会(仙台大会)は
中止となりました!

本年9月24・25日に仙台市にて開催予定でした標記全国大会は、新型コロナウイルス感染症対策のため、中止となりました。

全国から5000人余の企業関係者が集まることから、同感染症が未だ終息を見ない状況下では、集合開催は困難と判断したものです。

なお、建災防では、大会自体はWEB開催の形として、ホームページ上で会長挨拶等を行い、また、仙台大会で新設予定であった「自然災害からの復旧・復興工事安全対策特別部会」の発表論文等を資料集としてまとめることとしています。

多くの会員の皆様には、大会成功に向けて御協力をいただいておりましたことに、深く感謝申し上げますとともに、ご迷惑をおかけいたしましたことに、心よりお詫び申し上げます。

移動式クレーンの転倒で、重大災害が発生!

令和元年12月18日、塩釜市内の建設工事現場において、移動式クレーンを用いて荷役作業中、当該クレーンが転倒し、1人が死亡 、5人が負傷する重大災害が発生しました。原因は関係機関で調査中ですが、宮城労働局では、移動式クレーンの転倒等の事故が相次いでいることから、建災防宮城県支部にも、会員にその防止を徹底するよう要請がありました。(要請文の参考資料を参照してください。)

⇒ 宮城労働局長要請文

フルハーネス型安全帯使用作業特別教育の開催について

労働安全衛生規則の一部改正(平成31年2月1日施行)及び安全衛生特別教育規程等の一部を改正する告示により、「高さが2メートル以上の箇所であって作業床を設けることが困難なところにおいて、墜落制止用器具(安全帯)のうち、フルハーネス型のものを用いて行う作業(ロープ高所作業に係る業務を除く)」が、特別教育の対象となりました。
これを受けて、当支部では標記教育を実施いたしております。日程につきましては、当支部ホームページ内の『講習会案内』をご覧下さい。

※ 受講者数によっては、出張講習も行いますので、お気軽にお問い合わせください。

『 職長・安全衛生責任者能力向上教育 』の開催について

厚生労働省労働基準局長から『建設業における職長等及び安全衛生責任者の能力向上教育に準じた教育等について』(平成29年2月20日付基発0220第3号)が発出されたことを受け、建災防宮城県支部では、職長等の職務に従事することとなった後、概ね5年経過した方を対象に、標記講習会を開催することといたしました。

建設業における労働災害防止を推進する上で,職長等及び安全衛生責任者の果たすべき役割が益々大きくなってきております。職長・安全衛生責任者の資質向上のために、受講をお勧めいたします。

≪講習開催日≫
ホームページの中の『講習会案内』『技能講習・安全教育年間予定表』をご覧下さい。

中小総合工事業者等の皆様へ!

安全管理士が無料で現場の安全パトロール(個別指導)を実施いたします。

安全管理士の派遣申請書等、詳細は ココをクリック して下さい。

トピックス

トピックス画像